お赤飯

お祝い事には必ずお赤飯を作ってくれた母。「せいろで蒸す赤飯はおいしいのよ~」と、長年大切に使っていたせいろを、先日実家へ行った時に形見として譲り受けた。

母が生きていた頃は「お赤飯ってどうやって作るの?」と聞き、その都度説明を受けたにもかかわらず、あまりよく覚えていない。せいろを手にとって見てもどうやって使うのかさっぱり…。

母の誕生日も近付いてきていることだし、図書館で「せいろをつかったお赤飯の作り方」が載っている本をみつけたので早速作ってみました~。

母の赤飯の味…とまではいかなくとも、初めてにしては中々美味しかったので、すっかり有頂天になり、「美味しい赤飯ができたよ~」と、すぐに実家へお届け。生前、沢山お赤飯を炊いては「おいしくできたから」と、近所に配って歩いていた母。自分で初めて作ってみて人に分けて歩きたくなる気持ちがよくわかりました。 
b0111251_21325346.jpg
b0111251_2137323.jpg

[PR]
by germany-mainz | 2010-02-01 19:41 | 美味しい話
<< 兄と弟 ワッフル >>